多くの企業がビジネスを展開させる上で情報発信を重視しているが、時代の進化とともに「売り込み」を前面に押し出した宣伝・情報発信手法の効果は薄れ、消費者の心理を前提としたものへ変化している。いかに消費者に有益な情報を提供し、体験を通した「刺激」によって、見込み顧客から顧客へと関係性を深めて行く施策が今日的なマーケティング手法といえる。

読者諸氏の企業でも同様に、メール、Webサイト、SNS等々の情報発信や各種サポートの充実が行われていることであろうが、効果のほどはいかがだろうか? 期待されるほどではなかったり、社内リソース不足に苦しんでいるケースもあると思われる。コンテンツマーケティングを推進する上では当然コンテンツの質が重要だが、コンテンツ以外の要素への配慮や、「重要視」するポイントを消費者のインサイトに寄り添わせる緻密な取り組みが必須である。難度も高く、潤沢な予算とリソースを持つ大企業でさえも成功事例が少ない現状にある。

マーケティング活動を極小の効果と運用負荷を抱えつつ惰性で進めては、ブランド価値をも失墜させかねない。本書では、コンテンツマーケティングにおけるタブーについて解説する。6つのポイントを掲げ、特に注意すべき要素をわかりやすく解説される。気づかぬままに地雷を踏まないためにも、本書をご一読いただき自社活動内容の“健康診断”の実施をぜひおすすめする。