現代企業の変革を推進するCIO, CTO, CDOをはじめとするテクノロジーリーダーは、これまで以上にビジネスにおける役割が増加しています。

PagerDuty on Tourでは、システム運用に関わる皆様に向けて、日本を代表する企業におけるシステム運用やインシデント管理のベストプラクティスをご紹介いたします。本イベントでは、実際にPagerDutyを活用している企業ユーザーさまにご登壇いただき、日本企業のテクノロジーリーダーに必要不可欠な「効率的なIT運用、システム障害時における迅速な修復力構築、ビジネス拡大の推進」を実現するためのヒントを紹介いたします。また、エンジニアセッションにおいては、日々ソフトウェア開発や運用を行うITリーダー・現場エンジニア・IT担当者に向けては、 「現場ですぐに使えるTips」や「Lightning Talk (LT)」など幅広いコンテンツをご用意するとともに、豪華ノベルティ、お食事とお飲み物を用意した「エンジニアコミュニティネットワーキング」も開催いたします。

開催概要

セ ミ ナ ー 名 PagerDuty on Tour TOKYO 2024
開   催   日 8月6日(火曜日)
開   催   時   間 13時00分~20時30分
形       式 東京ミッドタウン ホール&カンファレンスホールA(12時30分開場)
受   講   料 無料(事前登録制)
主       催 PagerDuty株式会社
協 賛 ス ポ ン サ ー アイレット株式会社
CTCテクノロジー株式会社
株式会社スリーシェイク
Datadog Japan合同会社
デジタルアクセルズ株式会社
New Relic株式会社
ファインディ株式会社
Amazon Web Services, Inc.
WalkMe株式会社
お 問 い 合 わ せ 先 PagerDuty on Tour TOKYO 2024 運営事務局
E-mail:info_pdontour@fieldmktg.jp

 ※主催社の競合企業にお勤めの方および個人の方のご参加はご遠慮ください。予めご了承のほどお願い申し上げます。

こんな人におすすめ

【Business Session ビジネスセッション】
 CIO/CTO/CDO/IT部門長、システム運用の管理者、開発/運用エンジニアの方など

【Engineer Session エンジニアセッション】
 日々ソフトウェア開発や運用を行っている、現場エンジニア・IT担当者の方など

このセミナーでわかること

【Business Session ビジネスセッション】
 企業におけるシステム運用やインシデント管理のベストプラクティスなど

【Engineer Session エンジニアセッション】
 現場ですぐに使えるTipsなど

参加者特典

 来場者にもれなく豪華ノベルティをご用意しております

タイムテーブル

ビジネスセッション 13時00分〜17時30分

エンジニアセッション 17時50分〜20時30分


 

12時30分~

開場

 

13時00分~13時05分

Opening Greeting
開会挨拶

PagerDuty Japan Country Manager 山根 伸行

 

13時05分~13時35分

Keynote
講演タイトル近日公開!

株式会社JR東日本情報システム Suica・駅サービスソリューション本部長 取締役 吉川 眞之
PagerDuty Chief Executive Officer Jennifer Tejada

 

13時35分~14時15分

Keynote
AIと自動化が実現するオペレーショナル・エクセレンス

PagerDuty Chief Product Development Officer Jeffrey Hausman

 

14時15分~14時35分

Customer Showcase
トヨタCCoEのインシデント管理効率化に向けた挑戦

トヨタ自動車株式会社 先進データサイエンス統括部 DS基盤開発室 主任 村瀬 友規

 

トヨタでは「モビリティカンパニーへのフルモデルチェンジ」に向けて、クラウドを活用したサービス開発が全社的に広がっています。Cloud Center of Excellence (CCoE) ではトヨタのソフトウェア開発プロジェクトに対し、安心して開発運用できるプラットフォームを提供しています。今回、なぜトヨタCCoEがPagerDutyを使ってインシデントレスポンスの効率化に取り組むのか?今後どのようにプラットフォームとして展開していくのか?についてご紹介いたします。

 

14時35分~15時05分

Break
休憩

 

15時05分~15時25分

Customer Showcase
NEC社内IT 運用DXの取り組み

日本電気株式会社 コーポレートIT・デジタル部門 運用DX統括センターシニアディレクター 菊地 謙一

 

本講演では、NECが深く注力する社内のDX取り組みの中で、運用の領域のトランスフォーメーション(運用DX)についてご紹介します。現在、企業のITはビジネスと一体化しており、ITの障害影響を最小限に抑えることがビジネス継続のために求められています。
今回はNECの社内IT運用で障害影響を最小限にするためのインシデント対応について、課題と課題解決に向けた取り組みをPagerDutyの運用事例を中心にご紹介します。

 

15時25分~15時45分

Customer Showcase
センターオペレーション改革でのイベント管理業務の自動化について

ANAシステムズ株式会社 品質・技術部 プロセス統括チーム テクニカルマネージャ 西田 哲也

 

環境の変化に伴い多様化してきたシステム監視を、24時間/365日、人手により監視オペレーションを実施してきましたが、年々、オペレータの負荷が増加している状況が課題となっておりました。
この課題に対し、ANAシステムズでは2023-2025年度での運用の中期的な取り組みを進めており、その施策の1つとして、2023年度にセンターオペレーション改革に取り組みました。
具体的には、オペレータの負荷の軽減を図るために、イベント管理業務へPagerDutyを導入し、検知→初動の切り分け→通知の自動化を実現したため、この取り組みについて紹介します。

 

15時45分~16時05分

Sponsor Session
マネージドサービスにおけるPagerDuty活用術:IT環境を支える新戦略

CTCテクノロジー株式会社 企画推進本部 ソリューションサービス企画部・エキスパートエンジニア 渡部 和

 

PagerDuty を活用したマネージドサービスで、運用高度化のはじめの一歩を一緒に踏み出しませんか。長年全国で展開してきたオンプレミス保守・運用の経験をもとに、ハイブリット・マルチクラウド環境の運用ノウハウを融合して提供する ITOps Transformation サービス(ITOX,アイトックス)。人手対応中心の泥臭い運用現場から一歩一歩変わりゆく過程を、 PagerDutyを使い倒している具体例を交えながらご紹介いたします。

 

16時05分~16時25分

Sponsor Session
PagerDutyを中心とする運用監視の高度化
〜生成AIの活用、MSPサービスのこれから〜

アイレット株式会社 クラウドインテグレーション事業部 MSPセクション セクションリーダー 蓮沼 翔悟

 

アイレットはパブリッククラウドを中心に10年以上のマネージドサービスプロバイダーとしての実績があります。本講演では、運用監視の高度化を目指す企業様向けに、10,000台以上にマネージドサービスを提供するアイレットがPagerDutyを用いてどのように業務をスケールさせ、運用監視の高度化を進めてきたか、その軌跡をご紹介いたします。また、マネージドサービスとして自社内の利用に留まらず、多数の運用実績のノウハウを活かしたお客様のPagerDuty活用もご支援可能です。どのようなご支援ができるのか、併せてご説明いたします。

 

16時25分~16時45分

Break
休憩

 

16時45分~17時25分

Special Keynote
これからの企業のAI活用とビジネス戦略

IT批評家 尾原 和啓

 

生成AIがどのようにして企業の競争力を強化し、イノベーションを促進するのか、その実用性と将来性について解説します。生成AIの技術的側面だけでなく、具体的なビジネス活用事例を通じて、実践的な視点からその可能性を探ります。さらに企業のインシデント管理の経験などをはじめ、数多くのIT企業や大手事業会社でのキャリアやコンサルティングの経験を踏まえた実践的な知見も紹介します。

 

17時25分~17時30分

Closing Greeting
ビジネスセッション閉会挨拶

PagerDuty Japan Country Manager 山根 伸行

 

17時30分~17時50分

Break
休憩

 

▲開催概要へ戻る▲


17時50分~17時55分

Opening Greeting
エンジニアセッション開会挨拶

PagerDuty Product Evangelist 草間 一人

 

17時55分~18時15分

Customer Showcase
約10年間MIXIのインフラを支えてきたPagerDutyの活用事例

株式会社MIXI Vantageスタジオ みてねプロダクト開発部 プラットフォームグループ マネージャー 清水 勲

 

MIXIでは2014年からPagerDutyを利用してきました。いまではMIXIのさまざまなプロダクトで利用され、インシデントマネジメントにおいて欠かせない存在となっています。2014年当時どのような観点でPagerDutyを採用したのか、その後どのような活用の仕方をしてきたのか、MIXIのインフラ事情を踏まえつつご紹介いたします。

 

18時15分~18時35分

Sponsor Session
DatadogとPagerDutyで改善するシステム障害対応

Datadog Japan 合同会社 Advocacy Team,Senior Developer Advocate 萩野 たいじ

 

企業がより速くビジネスを進めるために、ITの内製化が課題となっています。一方で、ITの重要性はますます高まっており、障害のアラートはますます増え、重大なトラブルに繋がるアラートを見逃さないことがより困難になっています。本セッションでは、DatadogとPagerDutyを組み合わせることで、障害の検出と応答時間、そして障害対応までの時間を短縮させるユースケースについて、デモを交えて解説いたします。

 

18時35分~18時55分

Sponsor Session
生成AI時代における運用モダナイゼーションとPagerDutyの活用

株式会社スリーシェイク Sreake事業部・事業部長 尾張 厚史

 

様々な企業で生成AIを業務効率化で利用していますが、運用保守の領域においても生成AIの活用が進んでいます。本公演では、運用保守の領域における生成AIの利活用の事例と、PagerDutyの活用について発表をさせていただきます。

 

18時55分~19時15分

Customer Showcase
エンタープライズ企業の障害対応革新 - PagerDuty導入とその成果

イオンスマートテクノロジー株式会社 DevSecOpsディビジョン 齋藤 光
イオンスマートテクノロジー株式会社 DevSecOpsディビジョン 林 如弥

 

JTCとしてのイオンスマートテクノロジー株式会社が、障害対応プロセスをどのように改善したかを紹介します。PagerDutyの導入により、MTTA(Mean Time to Acknowledge)を大幅に短縮し、複数の開発チームと運用チームとのアラート方針のディスカッションを通じて、生成AIを活用した"PagerDuty Copilot"の導入も行いながら迅速な障害検知と対応を実現しつつあります。PagerDutyの導入をきっかけに全体のプロセス改善を目指した挑戦の全貌をご紹介します。

 

19時15分~19時25分

Break
休憩・会場移動

 

19時25分~19時30分

Toast & Networking
LT開始のご挨拶

 

20時00分~20時30分

Award
PagerDutuy Community Award

PagerDuty Product Evangelist 草間 一人

 

※本ページで掲載している講演内容・時間は7月11日時点のものです。
     講演内容・時間は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。