ビジネスのみならず社会生活の隅々までデジタルを活用した仕組みが浸透し、今日もまた多種多様で大量のデータが時々刻々と発生している。一方で、生成AIといった先進テクノロジーに磨きがかかって実用性が急激に高まっているのは周知の通りだ。すなわち、データとテクノロジーを巧みに操ることができるか否かが、企業の競争力に直結する時代が本格的に幕開けたのだ。

ここで、最前線に立とうと焦ってはいけない。また、我が社には無理と諦めてもいけない。重要なのは「データ × テクノロジー」の領域にどのようなトレンドがあるかを理解し、キャッチアップしようする姿勢だ。各種のソリューションが充実し身近になってきているので、進路の見極めと準備の努力があれば、追い風を受けて着実に前進することができるだろう。

そこで役に立つのが本資料だ。データ活用に熱心な先駆的企業9000社以上を対象に、時代の捉え方や具体的アクションなどを調査し、分かりやすくまとめている。「AIプログラミング言語の人気はPythonに集中している」「企業はついに非構造化データを活用し始めた」「大規模言語モデルは既に実務現場にも浸透している」といった視点を数字で裏付けていて興味深く、大いに参考になる。データをビジネス価値に昇華させたいと考えているビジネスリーダにとって必読の内容だ。