多様化する顧客ニーズや消費者行動、進化するテクノロジーへの対応など、EC事業者は時代に合わせたECサイト運用が求められる。

 

その基盤を作る上で重要となるのがECプラットフォーム。「限られた予算内で、消費者のニーズや行動に適したECサイトをスピーディーに構築したい」ーー。多くのEC事業者が新規立ち上げ、リプレイスで抱えるこんな要望を実現するにはどうすればいいのか?

 

SaaS型のショッピングカート、ECパッケージ、自社開発など多様な選択肢のなかから、ECパッケージを活用して、低コスト・スピーディーに“やりたいことを実現”した事業者の事例を、資料で紹介している。

 

紹介しているのは、個人・法人向けの宅配型収納サービスを展開するクラッシィ(サービス名は「Klassy」)の構築事例。スマホからでも利用しやすいUI/UXの実現、都度課金と継続課金を組み合わせるといった機能面での要望、予算感、将来的な機能拡張も視野に入れながら検討を重ね、物販向けECパッケージを役務でも利用できるようにカスタマイズ。物販とは異なる特殊な業務要件を実現できる体制を整備した。

 

今後のECで求められる柔軟性、拡張を前提とした自由度の高いECビジネス。それを実現した事例から、ECパッケージ選びの視点などが学べる資料となっている。ECサイトの新規立ち上げ、リプレイスを検討している企業にぜひ目を通していただきたい。