●集客施策を効率的に実施したい
●効果的なパーソナライズ施策を行いたい
●成果を最大化するデジタルマーケティングを行いたい

こうした課題や悩みを抱えるEC実施企業は少なくない。米国のフットウェアメーカー「クロックス」の日本法人クロックス・ジャパンも、ECサイト運用に課題を持っており、集客施策を効率的に実施できていなかったという。

そこで、クロックス・ジャパンが課題克服の第一歩としたのがチーム編成。ECサイト運用や商品ラインナップ検討のチームを構築する一方で、デジタルマーケティングチームを新設し、集客のための道筋をしっかりと確立させた。

こうしたチームのECサイト運用を支えているのが、「Salesforce Commerce Cloud」と「Salesforce Marketing Cloud」。この組み合わせが真価を発揮しているのが、「One to Oneマーケティング」施策だという。

たとえばクーポン施策。クーポンの利用状況をしっかりと確認しつつ、その利用データをもとに顧客とOne To Oneでのメール施策へとつなげることで、クロックス・ジャパンは、一斉配信メールでは実現できなかった新たな売り上げ20%を獲得した。また、企業がLINE公式アカウントを活用する例は増えているが、そこにはやはりLINEならではの特性があり、メールによる集客とはまた違った効果を上げているという。

本ホワイトペーパーでは、クロックス・ジャパンで実践しているOne To Oneマーケティング手法を惜しげもなく披露している。ぜひご覧いただきたい。